Qiitaのゴミ記事多すぎ問題について

Qiitaのゴミ記事多すぎ問題がよく燃えているみたいだ。先に断っておくけれども、僕は自由に書くべきだという意見に近い。だから、自由に書くべきだという人たちの意見には賛同するのだけれども、どれも大事なことが抜けているようで、ずっと違和感を感じていた。

qiita.com

そんな中、この記事を読んで違和感がハッキリした。彼らには権利はあるけれども義務がない。だから、フィルタリングは平気でGoogleと読み手の責務だなんて言えてしまうのだ。だからゴミ記事の弁明のためにアメリカではどうとか言い出して煙に巻くのだ。

Qiitaに限らず社会インフラと化したインターネットで公共の福祉を無視した権利を主張するのは間違っている。ネット自警団のように極端な行動は論外だとしても、個人がよい市民であるよう心がけるのは最低限として必要だ。

誰か(マサカリ族)が正してくれるって楽観的な人もいる。そんな人たちに、ゴミをマサカリ族のみなさんに全て拾ってもらうつもりなのかと問い質したい。キミはなぜ駅前からタバコの吸い殻が消えないのかを考えたことはあるのか? 海がここまで汚れてしまっているのはなぜだ? ググっても欲しい情報が手に入らない状態を作っているのは誰なんだ? ゴミ記事問題は明らかにマサカリ族が対応できる範囲を超えたから発生していることに気づいてくれ。加えて今の時点(2018-10-18 23:00 JST)時点で339,300本の記事が投稿されているような状態で、今更ゴミ記事増やすななんていうのも手遅れだということも認識しておくべきた。

記事を書くなら義務を果たす努力をすべきだ。そうやって書いた記事が間違っているのはしょうがない。それこそ、マサカリ族のみなさんにレビューしてもらうに値する記事だ。

よいエンジニアとして社会に貢献するために、エンジニアは社会正義を強く意識したほうがいい。僕たちエンジニアは社会を構成するほんの一部分だ。エンジニアに囲まれるとついぞ選民されたかのように勘違いしてしまいそうになるけれども、所詮は社会のほんの一部分だ。

ケイデンスメーターって要らなくない?

ケイデンスメーターを使っていない人、なんだかんだ多いと思うんだけどどうなんだろう。 そういう僕も、サイクルコンピューター(略してサイコン)に搭載されているケイデンスメーターが反応しなくなってはや5年(いや、もっとか?)、意外と不自由していない。反応しなくなったときは不安になったけど、どのくらいのケイデンスなのかはなんとなく分かるし、慣れれば気にならない。

なんとなくケイデンスが分かるというのも、そんな特殊な能力じゃないと思う。使っていないスマホメトロノームアプリを入れてサイクリングするなりローラー台を回すなりすれば体がリズムをいつの間にか覚えてるもんだ。

あ、でも頑張って180回転を計測したときは楽しかったなぁ。

社会人になった後の進路について

何歳になっても、進路がどうやって 決める / 決まる のかは分からない。 アレをやるんだ!って天啓みたいなものを授かるかもしれないし、家庭の事情とかで突然決まったりもする。でも一般的には、水が染み渡るように、次第に決めていくことになると思う。

決めたことをまっとうするにせよ、その選択から逃げるにせよ、実際はその後の方が大事だと僕は思う。だから僕は、次の2点を大切にしている。

  • 10年後の自分の健康のためにできることを積み重ねる
  • 準備をしておく

10年後の自分の健康のためにできることを積み重ねる

20代前半のうちからやっておいた方がいいと思って始めた。コレッポチも才能がない僕が、今なんとかしがみついていられるのも偏に健康だからだ。健康を基盤に少しづつ経験を重ねて自分の市場価値を高められる人はもっとすごいことになるだろう。

準備をしておく

準備っていっても、勉強のことなんだけどね。いつか使うかもしれないし使わないかもしれない。企業でいう基礎研究。これは、自己啓発本やキャッチーなビジネス書を読むことではないし、人脈作りでもない。人脈作りも大事なんだろうけど、そのネットワークに発信する準備ができていないと無用の長物だ。人脈は動力を持たない。その動力は何をどう燃やすのか自分なりに定義して、使えるよう練習と改良を繰り返して準備しておくことが大事だ。

食事は一週間のサマリーで考えてる

題名のまんまだけれども、食事は1日じゃなくて1週間単位で考えた方が実践的なんじゃないかって考えている。というか、ゆるく実践している。

色々とダイエット方法みてきたけれども、、、

ロードバイク乗っていると、自然と体重管理に興味が出てくる。だから、色々なダイエット方法をみてきたけれども、実践するには難しそうって印象のメソッドが多かった。 これだけ守ればダイジョー とか、 とっても簡単♡ とか書いてあっても、どれもストイックだ。そこまで毎食の計画を立てて実践・管理できるなら、チートデイなんてあってもなくても結果は変わらないだろって気にすらなる。そして、僕はそこまでストイックに追い込む気はまるでない。

それでも意外と痩せるもんだ

色々なダイエット方法を見聞して、

  • 筋トレしろ(言わずもがな)
  • 栄養バランス崩すな(自己流でファスティングとかローカーボするとこれが崩れる)
  • 腸内環境整えろ(食物繊維や酵素で整えるって話はだいたいコレ)

の3つが大事そうだということがわかった。(大抵のダイエット本の はじめにに書いてあるんだけどね) この3つのキーワードをなんとなーく意識しながら、1週間単位でなんとなーく実践する。

ちなみに、この3つをさらに突き詰めると、 体を作るに集約できるだろう。

例えばこんな感じ

大事なのは月曜日から始めないこと。理由は後述。

水,木曜日

いつも通りの食事と筋トレ。

金曜日

飲み会。筋トレはなし。お酒を飲みすぎると腸内環境が大きく崩れる上に、翌日のロングライドに支障をきたしてしまう。「最近、急にお酒が弱くなったんですぅ」ってヘラヘラしながら、焼き鳥みたいに翌日の準備になりそうなものを優先的に貪る。お酒の量さえ間違えなければ、フツーの飲み会もヘルシーな献立になったりする。炭水化物少なめで塩分は多めだけれども、まぁ良しとする。

土,日曜日

いつもの朝食に加えてプロテインを飲んでおく。午前中はサイクリング。多分、前日の飲み会で多めに摂取した塩分を使い切るチャンスでもある。昼食から夕食はいつも通り。筋トレはしない。日曜日もサイクリングすることはまれ。

月,火曜日

前週の反省点を帳消しにする2日間。例えば、

  • 先週は日中に甘いもの多めに食べちゃった
  • 先週は仕事が忙しくてレッドブル消費量が多かった
  • 先週は何かと理由をつけて筋トレサボり気味だった
  • 土日が雨だからって金曜日にしっかり飲んじゃった
  • 日曜日にケンタッキーしちゃった

とかとか。1週間の中でも気力に満ちている時期だから多少はムリもきく。ただ、栄養バランス崩すなってキーワードを逸脱しないよう気をつける。

結果

実践して半年くらいで、BMIは21.1くらいから20.1くらいに、体脂肪率は15%から11%くらいに推移した。 数値だけ見たら、もともとの減らす余地が(おそらく)一般的な人よりも若干少なめだった思うけれども、それでもいい感じに痩せられた。

まとめと実践中の話

実践中は、筋トレのおかげか、こんなことが起こった

  • 筋トレ始めて1ヶ月くらいで無性に甘いものが食べたくなる(2週間くらいで収束した)
  • 甘いもの食べたい欲求が次第にお肉を食べたくなる欲求になる(継続中)

多分、筋トレして白筋がつく -> 次第に遅筋化していく 過程なんだろう。バランス崩れそうだなーって思いながら、気持ちよくコーラを飲んだけど、間違ってはいなかったと思う。お肉が食べたい最近は平日ザバスプロテインを1日1回摂取しつつ、日によっては焼いただけお肉を一品増やしたりしている。

半年間の実践の最中に取り込んだりした方法もあるし、排除した考え方もある。なんとなーくやっているから、インストールもアンインストールもしやすい。一時期は脂質オフを心がけた時期があったけど、色々あって結局やめた。

色々なダイエットがあるけど、要はトライエラーしながらどれだけ健康的に続けられるかだと思う。

最後になるけど、この本に出会ったのも大きかった。特に、経験と知識が結びつき始めてからはとてもお世話になった。知りたいことが大抵書いてある。 https://www.amazon.co.jp/dp/4583100698www.amazon.co.jp

ベイスターズの監督について

ラミレス監督

僕はラミレスを素晴らしい監督だと思っている。中でもぼくが好ましく思っている美徳の一つに、勝てなくても積極的に強く振っていくというチーム方針を曲げていない点がある。 どんどん振っていくスタイル。暗黒時代を経ても無くならなかったこのスタイル。きっとベイスターズのDNAに刻み込まれているんだろう。早打ちと積みあがる凡打。見ていて歯がゆいけど、これが僕たちの大好きなベイスターズらしさだ。

スモールベースボールを標榜して失敗した監督を僕はたくさん見てきた。ラミレスも同じ道をたどるかと思ったけれども、彼はこれを受け入れ、しかも前面に押し出して戦うと言っている。正直、それだけで辛かった暗黒時代も肯定されたようで嬉しいのに、去年は日本シリーズにまで連れて言ってくれた。

98年の優勝時はどうなんだって言う人いるだろうけど、98年も、より強力だった99年打線も積極的に打ちに行っていた。あの時も残塁数はエグかったのを覚えている。 あと、打率のわりにHRは少なかったけど、スタメン全員パンチ力あったのを忘れてはいけない。ローズに至っては打球が強すぎて、ライナー性のHRボールがドライブしてフェンス直撃ツーベースになるってのを何度見たことか。

8番ピッチャー

8番ピッチャーもどんどん振って行くベイスターズのカラーには良くあっていると思う。。

なぜか? 一つは、振って行く打線は打線の中でも比較的優秀な1,2番にランナーを返させることをより期待するからだ。だから、打席に回る回数よりも9番目の選手の得点能力が大事になる。正直、好投してた投手がスライディングするより丈夫さが取り柄の倉本がスライディングする方が見ていて安心する。(ところで倉本!最近動きが小さくなりすぎだ!ミス上等の覚悟でもう一度這い上がってきてくれ!) もう一つ、打席数の話もよく出るけど、終盤代打を起用する場合、9番より打数が多いのは長い目で見ると有利なはず。

少年野球のライパチって実はよくできた仕組みだったってだけなんだろうけど。きっかけは打力のあるウィーランドかもしれないけれど、さ。

毎年の"今年は投手陣の調子が悪い"状態に加え、PF的にも打者有利な本拠地。シーズンで見て少しでも得点期待値を上げる方法を選択すべきだ

まだまだ若いチーム

各コーチ・選手がチーム戦略に即した個人戦略を展開し、そんな中でチーム戦術、プレーの順で具体的に落とし込んでいけるのが成熟したチーム。右打ちとかファールで粘るのも大事だけど、それはあくまで一勝するための戦術を実施するための1プレーだ。
だからこのオペレーションだけを見て、粘れないのはいけないと解説をする人は監督の資質がないことが分かってしまう。彼がその場しのぎの戦いしかできないのが明らかだ。チームが黄金期で、戦力が充実していれば、それでいいんだろうけどね。それをイタズラに消費するだけの監督はいらない。監督は、戦略性を重要視すべきだ。
一球の積み重ねかも大事だろうけれども、ハイレベルなプロにおいては道筋なくなんとなく積み上げるヒマはないはず。

じゃあ、積極的に振っていくことにあたって大事なのは何か?狙っていくための洞察力とミスショットを減らすことだろう。打ち気に負けて、引っ張り方向にひっかけたり、打ち損じたりしないこと。これに比べたら、ボールの見極めの優先順位は低い。

カープや落合政権下のドラゴンズみたいに、拮抗した流れの中、凡打で一点もぎとるのが本当に強いチームなんだろうけど、、、。それは、高望みしすぎだろう。でも、いつかそういう点の取り方もできるようになると思って僕は応援し続ける。

途中からラミレス監督の話じゃなくなりつつあったけど、僕は広い視野でチームの指揮をとるラミレス監督をもう少し見ていたい。

ハウスメーカー比較 (伝聞系)

注文住宅で家を建てた知人から根掘り葉掘り聞いた。備忘録として遺しておく。

何はともあれ

「雑誌や本を買って勉強するのは当然として、住宅展示場やデベロッパーのツアーに行って妄想や最新情報、間取りのテクニックなど、実感のある自分の引き出しを増やせ。」
「建売り住宅を見るのもいい。」

ふむふむ、なるほど。

「でも、結局設計士さんの方が何枚も上手だったけどね。」

当たり前だろ、餅は餅屋だ。
でも、任せっきりにせず、主体的に取り組めってことね。ソフトウェア開発と一緒だ。 まぁ、自分の家なんだから、そのくらいやって当たり前か。

建売り

「万人ウケするように流行りの間取りとか機能を強引にねじ込んでくるけど、正直いって邪魔。必要に応じて自分で作るから最低限のハコだけ用意してほしい。」

んなこと言うのは、壁面本棚を耐力から設計して、オイルフィニッシュまでするお前みたいな変態だけだ。って口から出かかった。
にしてもナゾアプリを満載した一昔前の国産PCみたいだなぁ。いや、エクステリア迷走していた時代のTOYOTAか? 確かに要らぬおせっかい機能満載なら、中古住宅を自由にリノベーションしたほうがいいのかも。

そういえば、耐震性能が違うから新築のほうがいい場合もあるとか言ってたし、新築 or リノベ の選択は序盤の悩みどころなんだろうなぁ。

「小学生までは住み心地いいだろうけど、中高生になったら住みにくそうだなぁーって住まいが多い。変な話だけど、エロ本読みにくい間取りはいかんと思う。」

なんだそりゃ?

工務店さん

意外だったけど、実は無難な選択肢らしい。

「設計士さんだけでなく不動産屋さんと職人さんにも恵まれる必要があるけれど、それは大手ハウスメーカーも一緒。 それと、二級建築士でも素晴らしい人はたくさんいるから、一級建築士にこだわるな。でも、構造設計はしっかりやってもらってね。」

「あ、ハイ」って答えるしなかない正論を言われた。

ヘーベルハウス

「断熱性能が悪いから北国ではヘーベルハウス建ってないって話をされるけども、南関東ではそれでもオーバースペックの断熱性。」

僕も、ヘーベルハウスの賃貸に住んていたことあるからわかるけど、確かに十分暖かい。

「災害に強いイメージがあるけど、正直ヘーベルハウスはオーバースペックだと思うよー。」

出ました本日二度めのオーバースペック。でもお前、結局ヘーベルハウスやんけ。

そういえば、旭化成の杭打ちデータ改竄とかあったけれども、一般住宅は部門が関係ないし。。。というか、あれって発注者側の闇が深いよね。。。

ミサワホーム

ヘーベルハウスが選択肢に入ってくるなら、ミサワホームでフルサイズの蔵(くら)を導入できるやで!」

蔵って何かって聞いてみたら、小屋裏収納のことらしい。ググってみたけど、秘密基地みたいで楽しそう。
ってか、なんで猛虎弁なんだよ。

耐震性能も十分高そうなこともあって、へーベルかミサワかで迷ったとか。他にも色々と言っていた気がするけど、ミサワホームだけ猛虎弁で語ってた印象ばっかり残った。

そういえば、高井戸にあるミサワホームの住宅公園(?)が楽しいやで。らしい。

BESS

「土間が広いとか、いちいちツボを突いてくる好みのハウスメーカー。趣味に走りたくても走れないのは哀しいから泣く泣く却下した。。。」

二世帯住宅って言っていたしね。色々としがらみがあるんだろう。

積水ハウス

建売りなのに、なかなか良い物件をみつけたそうな。けれども金銭面でちょっと難しいなと思っていたところを、営業さんにメチャクチャな理論で買ってください!と泣き落としされたので、ここでは絶対に買わない・建てないと決めたんだと。。。

いい営業さんだったらアイツもあそこに住んでなかったのかなぁ。

スウェーデンハウス

「インテリアもエクステリアもセンスのいい欧風とはいえ、そこで暮らすか?というのは別の問題。でも、すごいいいよ。オマエの渋好みは知ってるけど、一度は見ておくのをオススメするよ。」

ヤツに一番プッシュされたハウスメーカー。一度見に行ってみるかぁ。

間取り

ハウスメーカーは関係ないけど、間取りについても聞いたことを書いておく。

「本が多いなら、小さな書斎と壁を作れ。」

広めのLDKを小さめのLDK+小さな書斎に分割したときにできた壁に壁面本棚つけたんだとか。書斎もそうだけど、LDKの壁面本棚は壮観だった。 ちなみに間取りは -> にした感じだった。
本を買って積読するのが趣味の僕にとっては金言かもしれない。

インテリア

そういえば、インテリアはどーなん?って聞いたら、

スウェーデンハウスみたいな特色あるハウスメーカーはどうかわからないけど、結局は自分次第じゃないかなぁ。ただ、自分らしさを出そうとして奇を衒ったことをするのはオススメしない。よく、設計士さんやインテリアプランナーさんと相談して。」

とのこと。30年スパンで考えなきゃいけないからねぇ。。。

エクステリア

しっかり予算を残しておけよ。ってさ。外構はけっこうやりたいことが増えるらしい。

かんそう。

家を建てるのか部屋を借り続けるのか、、、。まだ決まってないけれども、家を建てるのはそれはそれで楽しいんだろうなぁ。

【書評】 世界最高のサイクリストたちのロードバイク・トレーニング

世界最高のサイクリストたちのロードバイク・トレーニング:ツール・ド・フランスの科学 ジェイムズ ウィッツ

あの西薗さんが監訳したトレーニング本が出るらしいという噂を聞いてから、手に取るのを楽しみにしていた本だ。西薗さんがわざわざ監訳するんだし、単なるハウツー本ではなく学問を意識したドキュメンタリーっぽい構成なんだろうなーって勝手に思い込んで、中身をロクに読まずに店頭で即買いした。読んでみたら、思った通りの構成だった。内容も当然のように良書だった。
一週間くらい経ったころ、重版のお知らせを見かけたので、即買いしてよかったと思ってる。

書籍の詳しい内容については、Amazonのレビューや誰かが要約してくれたブログを読んだ方がいいと思うので書かない。僕のヘンテコな文章を読むより、そっちの方が有意義でしょ ;-)
というか、Amazonの商品の説明が全てな気もする。

じゃあ、何を書くのかというと、どういう人にこの本をオススメできるのかについて書いてみようと思う。

買わない方がいい人

まずは、購入をオススメできないタイプの人について。

レーニングに役立つ具体的なハウツーが欲しい人

多分、買わない方がいいです。いちいち回りくどいので、不快感を感じる人もいると思う。もしかしたら、パワーメータを所持している人は、多少は参考になるかもしれない。けれども、パワーメータを使っているような人にとっては、既知の話ばかりだとも思う。それ以外は、基本的にトッププロだからできるようなことばかり書いてあるので、あまり実用的ではないです。

べき論 とか、べからず集 を大事にする人

つまり、形から入りたい人。
ぶっちゃけ形を真似ることすら難しいことばかり書いてある。
余談だけど、ロードバイクはお金のかかる趣味だって一般論もあって、金銭的なムリをしやすいスポーツだと思う。ふつーはパワーメータなんて高くて買えないよ! (え?買えないのは僕だけ?)

知識の使い方に不安のある人

例えば、若年層の人たちって、極端な形で知識を使いやすいのよね。指導者や監督する人次第かなぁ。

買った方がいい人

上記した人以外は見敵必殺の勢いで買うことをオススメします。この本を使って、チームメイトや指導者と一緒に輪読会したらすごい楽しそう。

レーニングを理解したい人

言わずもがなですね。

ツーリングやトレーニングに失敗したことがある人

栄養補給や体の作り方など、指針になる内容がたくさん書いてあります。失敗経験があると、読むことがデバッグをしているみたに感じられて楽しい。

サイエンス系ノンフィクションが好きな人

しかも、ドキュメンタリータッチ。つまらないワケがない。ロードレースの知識があれば尚可。寝る間も惜しんで読破すると思う。
別名:ディスカバリーチャンネルが好きな人

スポーツ科学に興味があるアスリート・指導者

ロードレースにフォーカスしているとはいえ、先端科学を幅広く紹介しているので、入り口として非常に優れていると思う。特にトライアスリートやランナー、サッカー選手やテニスプレイヤーのように、持久力と瞬発力の両方が必要になるアスリートには有意義なんじゃないかなぁ。

ありがとう東京書籍さん

あと、個人的にこの年齢になって東京書籍のお世話になったというのも、ちょっと新鮮だった。東京書籍は教科書だけじゃないのね。

、、、ってこの本も、教科書的な本だったなぁ。