胡散臭い勧誘

世の中には、人をおびき寄せる胡散臭い言葉で溢れている。

特にダイエット関連で多いけど、最近はAIやIoTといった人口に膾炙した元バズワードを使うケースも多い。

権威型

医者や学会などをダシに権威づけしたあれ。 「学会で発表!」とか「医者が認めた!」とか「世界的権威の●●賞受賞!」とか。
学会作るのも、そこでトンデモ論説を発表するのも自由だからなぁ。そして吹き乱れる真面目な学会の風評被害

というか、 権威に訴える論証 っていうWikipediaのページもあるのか。ここでもハッキリと 権威に訴える論証は往々にして誤謬となる って書いてあるw ja.wikipedia.org

誰が言ったのかは忘れたけど、 「権威のある人の批判は大抵間違っている」 って格言も覚えておきたい。

みんな大好き陰謀論

あと、陰謀論になりそうな言葉。 「タブー視されている」とか「専門家(医者とか)が教えたがらない裏技」とか。 医者や専門家、政治家みたいなステレオタイプ既得権益層が隠匿している的なアレ。 いや、正直みんな楽してお金稼ぎたいから、そんな方法あったらすでに試してると思うよ。もしくは臨床試験中。

とりあえずエビデンス

数値になっていると信じる気になってしまうけど、そもそもその出どころが正しい保証なんてない。恣意的な操作が加わっていないとも限らない。

それに加えて、たとえ由緒正しい生まれのエビデンスであったとしても、エビデンスは相対的にその傾向があるという主張の補強に過ぎない。もしかしたら本質は同じ傾向を生じさせる別の何かがある可能性だってある。酷い場合、単なる偶然かもしれない。
とはいえ、エビデンスがないと説得力が出ない。こんな風に、エビデンスがジレンマを内包している気がするのは僕だけじゃないはず。

胡散臭さ抜群の単語

ピンポイントで胡散臭い単語もある。 「革新的」とか「画期的」とか「斬新な」とか「絶対うまくいく」とか。

本当に革新的なものは異質すぎて受け入れがたいはずだし、本当にうまく行く方法は地味すぎて、行いがたいはず。

そして落とし穴

上に挙げたようなパターンでのフィルタリングを信じるあまり、リスクをちょろっと提示したりするとコロっと騙されちゃったりする問題もある。 つまり僕みたいな小物は うまい話なんてない って割り切って慎ましく日々をおくるべきなんだろうな。

うーん、思いつきで書き始めたら、 FACTFULNESS みたいな話になってしまったなぁ。

PayPal Client integration のJPYが効かない件

PayPal Client integration で日本円を扱おうとしたら、Checkout画面がUSDになってしまう現象にハマった。currency=JPYで指定すれば、通貨を日本円に出来るだろうって簡単に思っていたけど、そんなに甘くなかった。 結論から言うと、金額(purchase_units.amount.value)に小数点が含まれていたのが原因。

現象

SDK指定時のURLクエリパラメータにcurrency=JPYで指定しているにも関わらず、PayPalのCheckout画面が日本円(JPY)ではなく米ドル(USD)で表示された。

JPYではなくUSDになってしまった時の実装

ほぼ、実装ガイドや、実装サンプルの通りのソースコード。 異なるのはSDK指定時のURLクエリパラメータのみ。

<script src="https://www.paypal.com/sdk/js?client-id=ほげほげ&currency=JPY&disable-funding=card,sepa"></script>
paypal.Buttons({

    // Set up the transaction
    createOrder: function(data, actions) {
        return actions.order.create({
            purchase_units: [{
                amount: {
                    value: '0.01'
                }
            }]
        });
    },

    // Finalize the transaction
    onApprove: function(data, actions) {
        return actions.order.capture().then(function(details) {
            // Show a success message to the buyer
            alert('Transaction completed by ' + details.payer.name.given_name + '!');
        });
    }


}).render('#paypal-button-container');

解決方法

JavaScriptで記述している固定の金額(purchase_units.amount.value)にありえない金額(=小数点)が含まれていたため、バリデーションがかかった模様。 結果、デフォルトのUSDが適用されたCheckout画面が表示されたみたい。なので、以下のように修正。

    // Set up the transaction
    createOrder: function(data, actions) {
        return actions.order.create({
            purchase_units: [{
                amount: {
                    value: '100' // ここを修正
                }
            }]
        });
    },

検証をコピペで楽してたのがいけないんだけどね。実際のサービスと組み合わせながら実装していたらハマっていない気もする。

いやー、ツラかった。

Qiitaのゴミ記事多すぎ問題について

Qiitaのゴミ記事多すぎ問題がよく燃えているみたいだ。先に断っておくけれども、僕は自由に書くべきだという意見に近い。だから、自由に書くべきだという人たちの意見には賛同するのだけれども、どれも大事なことが抜けているようで、ずっと違和感を感じていた。

qiita.com

そんな中、この記事を読んで違和感がハッキリした。彼らには権利はあるけれども義務がない。だから、フィルタリングは平気でGoogleと読み手の責務だなんて言えてしまうのだ。だからゴミ記事の弁明のためにアメリカではどうとか言い出して煙に巻くのだ。

Qiitaに限らず社会インフラと化したインターネットで公共の福祉を無視した権利を主張するのは間違っている。ネット自警団のように極端な行動は論外だとしても、個人がよい市民であるよう心がけるのは最低限として必要だ。

誰か(マサカリ族)が正してくれるって楽観的な人もいる。そんな人たちに、ゴミをマサカリ族のみなさんに全て拾ってもらうつもりなのかと問い質したい。キミはなぜ駅前からタバコの吸い殻が消えないのかを考えたことはあるのか? 海がここまで汚れてしまっているのはなぜだ? ググっても欲しい情報が手に入らない状態を作っているのは誰なんだ? ゴミ記事問題は明らかにマサカリ族が対応できる範囲を超えたから発生していることに気づいてくれ。加えて今の時点(2018-10-18 23:00 JST)時点で339,300本の記事が投稿されているような状態で、今更ゴミ記事増やすななんていうのも手遅れだということも認識しておくべきた。

記事を書くなら義務を果たす努力をすべきだ。そうやって書いた記事が間違っているのはしょうがない。それこそ、マサカリ族のみなさんにレビューしてもらうに値する記事だ。

よいエンジニアとして社会に貢献するために、エンジニアは社会正義を強く意識したほうがいい。僕たちエンジニアは社会を構成するほんの一部分だ。エンジニアに囲まれるとついぞ選民されたかのように勘違いしてしまいそうになるけれども、所詮は社会のほんの一部分だ。

ケイデンスメーターって要らなくない?

ケイデンスメーターを使っていない人、なんだかんだ多いと思うんだけどどうなんだろう。 そういう僕も、サイクルコンピューター(略してサイコン)に搭載されているケイデンスメーターが反応しなくなってはや5年(いや、もっとか?)、意外と不自由していない。反応しなくなったときは不安になったけど、どのくらいのケイデンスなのかはなんとなく分かるし、慣れれば気にならない。

なんとなくケイデンスが分かるというのも、そんな特殊な能力じゃないと思う。使っていないスマホメトロノームアプリを入れてサイクリングするなりローラー台を回すなりすれば体がリズムをいつの間にか覚えてるもんだ。

あ、でも頑張って180回転を計測したときは楽しかったなぁ。

社会人になった後の進路について

何歳になっても、進路がどうやって 決める / 決まる のかは分からない。 アレをやるんだ!って天啓みたいなものを授かるかもしれないし、家庭の事情とかで突然決まったりもする。でも一般的には、水が染み渡るように、次第に決めていくことになると思う。

決めたことをまっとうするにせよ、その選択から逃げるにせよ、実際はその後の方が大事だと僕は思う。だから僕は、次の2点を大切にしている。

  • 10年後の自分の健康のためにできることを積み重ねる
  • 準備をしておく

10年後の自分の健康のためにできることを積み重ねる

20代前半のうちからやっておいた方がいいと思って始めた。コレッポチも才能がない僕が、今なんとかしがみついていられるのも偏に健康だからだ。健康を基盤に少しづつ経験を重ねて自分の市場価値を高められる人はもっとすごいことになるだろう。

準備をしておく

準備っていっても、勉強のことなんだけどね。いつか使うかもしれないし使わないかもしれない。企業でいう基礎研究。これは、自己啓発本やキャッチーなビジネス書を読むことではないし、人脈作りでもない。人脈作りも大事なんだろうけど、そのネットワークに発信する準備ができていないと無用の長物だ。人脈は動力を持たない。その動力は何をどう燃やすのか自分なりに定義して、使えるよう練習と改良を繰り返して準備しておくことが大事だ。

食事は一週間のサマリーで考えてる

題名のまんまだけれども、食事は1日じゃなくて1週間単位で考えた方が実践的なんじゃないかって考えている。というか、ゆるく実践している。

色々とダイエット方法みてきたけれども、、、

ロードバイク乗っていると、自然と体重管理に興味が出てくる。だから、色々なダイエット方法をみてきたけれども、実践するには難しそうって印象のメソッドが多かった。 これだけ守ればダイジョー とか、 とっても簡単♡ とか書いてあっても、どれもストイックだ。そこまで毎食の計画を立てて実践・管理できるなら、チートデイなんてあってもなくても結果は変わらないだろって気にすらなる。そして、僕はそこまでストイックに追い込む気はまるでない。

それでも意外と痩せるもんだ

色々なダイエット方法を見聞して、

  • 筋トレしろ(言わずもがな)
  • 栄養バランス崩すな(自己流でファスティングとかローカーボするとこれが崩れる)
  • 腸内環境整えろ(食物繊維や酵素で整えるって話はだいたいコレ)

の3つが大事そうだということがわかった。(大抵のダイエット本の はじめにに書いてあるんだけどね) この3つのキーワードをなんとなーく意識しながら、1週間単位でなんとなーく実践する。

ちなみに、この3つをさらに突き詰めると、 体を作るに集約できるだろう。

例えばこんな感じ

大事なのは月曜日から始めないこと。理由は後述。

水,木曜日

いつも通りの食事と筋トレ。

金曜日

飲み会。筋トレはなし。お酒を飲みすぎると腸内環境が大きく崩れる上に、翌日のロングライドに支障をきたしてしまう。「最近、急にお酒が弱くなったんですぅ」ってヘラヘラしながら、焼き鳥みたいに翌日の準備になりそうなものを優先的に貪る。お酒の量さえ間違えなければ、フツーの飲み会もヘルシーな献立になったりする。炭水化物少なめで塩分は多めだけれども、まぁ良しとする。

土,日曜日

いつもの朝食に加えてプロテインを飲んでおく。午前中はサイクリング。多分、前日の飲み会で多めに摂取した塩分を使い切るチャンスでもある。昼食から夕食はいつも通り。筋トレはしない。日曜日もサイクリングすることはまれ。

月,火曜日

前週の反省点を帳消しにする2日間。例えば、

  • 先週は日中に甘いもの多めに食べちゃった
  • 先週は仕事が忙しくてレッドブル消費量が多かった
  • 先週は何かと理由をつけて筋トレサボり気味だった
  • 土日が雨だからって金曜日にしっかり飲んじゃった
  • 日曜日にケンタッキーしちゃった

とかとか。1週間の中でも気力に満ちている時期だから多少はムリもきく。ただ、栄養バランス崩すなってキーワードを逸脱しないよう気をつける。

結果

実践して半年くらいで、BMIは21.1くらいから20.1くらいに、体脂肪率は15%から11%くらいに推移した。 数値だけ見たら、もともとの減らす余地が(おそらく)一般的な人よりも若干少なめだった思うけれども、それでもいい感じに痩せられた。

まとめと実践中の話

実践中は、筋トレのおかげか、こんなことが起こった

  • 筋トレ始めて1ヶ月くらいで無性に甘いものが食べたくなる(2週間くらいで収束した)
  • 甘いもの食べたい欲求が次第にお肉を食べたくなる欲求になる(継続中)

多分、筋トレして白筋がつく -> 次第に遅筋化していく 過程なんだろう。バランス崩れそうだなーって思いながら、気持ちよくコーラを飲んだけど、間違ってはいなかったと思う。お肉が食べたい最近は平日ザバスプロテインを1日1回摂取しつつ、日によっては焼いただけお肉を一品増やしたりしている。

半年間の実践の最中に取り込んだりした方法もあるし、排除した考え方もある。なんとなーくやっているから、インストールもアンインストールもしやすい。一時期は脂質オフを心がけた時期があったけど、色々あって結局やめた。

色々なダイエットがあるけど、要はトライエラーしながらどれだけ健康的に続けられるかだと思う。

最後になるけど、この本に出会ったのも大きかった。特に、経験と知識が結びつき始めてからはとてもお世話になった。知りたいことが大抵書いてある。 https://www.amazon.co.jp/dp/4583100698www.amazon.co.jp

ベイスターズの監督について

ラミレス監督

僕はラミレスを素晴らしい監督だと思っている。中でもぼくが好ましく思っている美徳の一つに、勝てなくても積極的に強く振っていくというチーム方針を曲げていない点がある。 どんどん振っていくスタイル。暗黒時代を経ても無くならなかったこのスタイル。きっとベイスターズのDNAに刻み込まれているんだろう。早打ちと積みあがる凡打。見ていて歯がゆいけど、これが僕たちの大好きなベイスターズらしさだ。

スモールベースボールを標榜して失敗した監督を僕はたくさん見てきた。ラミレスも同じ道をたどるかと思ったけれども、彼はこれを受け入れ、しかも前面に押し出して戦うと言っている。正直、それだけで辛かった暗黒時代も肯定されたようで嬉しいのに、去年は日本シリーズにまで連れて言ってくれた。

98年の優勝時はどうなんだって言う人いるだろうけど、98年も、より強力だった99年打線も積極的に打ちに行っていた。あの時も残塁数はエグかったのを覚えている。 あと、打率のわりにHRは少なかったけど、スタメン全員パンチ力あったのを忘れてはいけない。ローズに至っては打球が強すぎて、ライナー性のHRボールがドライブしてフェンス直撃ツーベースになるってのを何度見たことか。

8番ピッチャー

8番ピッチャーもどんどん振って行くベイスターズのカラーには良くあっていると思う。。

なぜか? 一つは、振って行く打線は打線の中でも比較的優秀な1,2番にランナーを返させることをより期待するからだ。だから、打席に回る回数よりも9番目の選手の得点能力が大事になる。正直、好投してた投手がスライディングするより丈夫さが取り柄の倉本がスライディングする方が見ていて安心する。(ところで倉本!最近動きが小さくなりすぎだ!ミス上等の覚悟でもう一度這い上がってきてくれ!) もう一つ、打席数の話もよく出るけど、終盤代打を起用する場合、9番より打数が多いのは長い目で見ると有利なはず。

少年野球のライパチって実はよくできた仕組みだったってだけなんだろうけど。きっかけは打力のあるウィーランドかもしれないけれど、さ。

毎年の"今年は投手陣の調子が悪い"状態に加え、PF的にも打者有利な本拠地。シーズンで見て少しでも得点期待値を上げる方法を選択すべきだ

まだまだ若いチーム

各コーチ・選手がチーム戦略に即した個人戦略を展開し、そんな中でチーム戦術、プレーの順で具体的に落とし込んでいけるのが成熟したチーム。右打ちとかファールで粘るのも大事だけど、それはあくまで一勝するための戦術を実施するための1プレーだ。
だからこのオペレーションだけを見て、粘れないのはいけないと解説をする人は監督の資質がないことが分かってしまう。彼がその場しのぎの戦いしかできないのが明らかだ。チームが黄金期で、戦力が充実していれば、それでいいんだろうけどね。それをイタズラに消費するだけの監督はいらない。監督は、戦略性を重要視すべきだ。
一球の積み重ねかも大事だろうけれども、ハイレベルなプロにおいては道筋なくなんとなく積み上げるヒマはないはず。

じゃあ、積極的に振っていくことにあたって大事なのは何か?狙っていくための洞察力とミスショットを減らすことだろう。打ち気に負けて、引っ張り方向にひっかけたり、打ち損じたりしないこと。これに比べたら、ボールの見極めの優先順位は低い。

カープや落合政権下のドラゴンズみたいに、拮抗した流れの中、凡打で一点もぎとるのが本当に強いチームなんだろうけど、、、。それは、高望みしすぎだろう。でも、いつかそういう点の取り方もできるようになると思って僕は応援し続ける。

途中からラミレス監督の話じゃなくなりつつあったけど、僕は広い視野でチームの指揮をとるラミレス監督をもう少し見ていたい。